ボーン・コレクター/デンゼル・ワシントン

原題:THE BONE COLLECTOR
製作国:アメリカ
製作年:1999年
公開情報:劇場公開(SPE)
初公開年月:2000/04/
上映時間:117分
ジャンル:サスペンス/ミステリー
映倫/PG-12
 
おすすめ度:★★★☆☆ 

《ストーリー》
デンゼル・ワシントンアンジェリーナ・ジョリーに主演による、ベストセラー・ミステリー小説を完全映画化したサスペンス・スリラー。
 
ニューヨーク市警の刑事ライムは優秀な犯罪学者だったが、4年前の落盤事故による損傷で寝たきりの身体となっていた。
 
一方、青少年課への異動を控えた警官アメリアは、最後のパトロール中に受けた無線で一人現場へ急行、無惨な男の死体を発見し、現場に残された意味不明な証拠を素早くカメラに収める。
 
アメリアの的確な判断に感心したライムは彼女を助手に任命。
 
以後彼女はベッドから無線で指示を送るライムの手足となり、事件の捜査にあたる。2人を挑発する犯人の人物像とは…。
 
ヒーローがベッドに寝たきりという、珍しい刑事アクション。A・ジョリーのブレイクのきっかけともなった一作です。
 
☆ひと言 
若干の疑問が残る点はあるもののが、そこそこにドキドキさせてくれる作品でしたね。観る価値はあると思いますよ。 デンゼル・ワシントンのやっぱり格好がいい。
 
サスペンス見るコツは、些細な登場人物も見逃さないというのが鉄則ですが、今回は見逃しました。
 
なぜなら、あまりにも犯人に個性がないのと、もっとすごい奴かと想像をふくらませた結果でした。まあ、ある意味、お約束を果たしてくれた映画でしたね。 
 

 
 
《キャスト》
エド・オニール/ポーリー・セリット警部
ルイス・ガスマン/エディ・オーティス
マイク・マッグローン/ケニー・ソロモン警部
マイケル・ルーカー/ハワード・チェイニー
《スタッフ》
製作:マーティン・ブレグマン
製作総指揮:ダン・ジンクス
脚本:ジェレミー・アイアコン